« ビデオカードをRADEON HD 4550に換装 | トップページ | 懐かしいクルマ »

2009年6月 8日 (月)

【更新情報】Quadra700をPCにする その3 - 2年後の改修

2年後の改修

 ホームページを更新した。内容はQuadra700をPCにする その3で製作したマシンの改修について。スペックアップと静音化が主な目的だ。
 基本的には2年前に製作したマシンの改修で、古いパーツが多く、作業内容も泥くさいものが多い。新規製作で、Quadra700にもこだわらないならば、Atomオンボードのマザーボード+Mini-ITXケースで組んだ方がずっとスマートに作れるであろう。

 今回は、初めてSamsungのHDDを使用した。初めはWestern DigitalのWD15EADSにしようと思っていたが、価格差がありすぎたのでHD154UIを選択したのだ。それまで使っていた320GBのドライブに比べれば発熱も低下したようで、音や速度面も含め、とりあえず不満はない。
 静音化はやややり過ぎたようで、排熱性能が不足気味なのが不安だ。これから暑くなっても問題なく動いてくれるだろうか。

 上記ページにはハードウェアの話だけを書いているが、併せてOSも更新している。
 それまで使っていたのはFedoraで、何回か上書きでメジャーバージョンアップを繰り返してきた。
 今回はUbuntuを選択した。Ubuntu 9.04 Desktop 日本語 Remix CD (x86用)でインストールし、Samba、ufw、SSHなどを追加した。ApacheやPHPなどは今後使いたくなったら入れるつもりだ。起動が速くなったのは、ハードウェアのせいだけではなく、OSを替えたことや稼働するサービスが減ったことも寄与していると思う。
 また、今までWindowsもインストールしていたが、今回はLinuxのみにした。ハードウェアもあまり変更していないし、Linux以外のOSが必要になることはないという判断だ。

 ファイルサーバとして保存したファイルの移行は、Ubuntu環境の構築後、元のHDDをSATA-USBアダプタで接続し、(自動で)マウントし、コピーした。
 ユーザー名がFedoraのシステムと同じだったとしても別のユーザーという扱いになるので、コピー時は以下のコマンドで行った。

cp -R --preserve=mode,timestamps source_dir dest_dir

 ほとんどはこれでコピーできたが、一部のファイルはsudo cpとする必要があった。
 なお、ある部分でコピーに失敗して、やり直す際にコピー元のディレクトリを消してしまった。久しぶりなのでうっかりコピー元とコピー先を間違えてしまったというのはここだけの話だ。幸いにして、消えたファイルはバックアップファイルなので、更新日の違うバージョンではあるが回復することができた。

|

« ビデオカードをRADEON HD 4550に換装 | トップページ | 懐かしいクルマ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/184473/45279130

この記事へのトラックバック一覧です: 【更新情報】Quadra700をPCにする その3 - 2年後の改修:

« ビデオカードをRADEON HD 4550に換装 | トップページ | 懐かしいクルマ »