« Cherry赤軸のキーボードを買いました(超短評) | トップページ | CDプレーヤーの修理 »

2009年4月22日 (水)

クアッドコア・Q9400に換装

Q9400 メイン機のCPUはこの時以来Core 2 Duo E6400でしたが、先日Core 2 Quad Q9400に換装しました。
 主な目的は、動画のBlu-ray/DVDへの書き出しの高速化ということになっていますが、実際にはそれほど頻度はなく、正直なところただクアッドコアにしてみたかっただけかもしれません。

 Q9400のTDPは95Wです。Q9400sという65W版のモデルもあり、消費電力を増やさないためにそちらを選びたかったところですが、価格差が大きいのであきらめました。
 代わりに、マザーボードの設定でコア電圧を0.15V下げることにしました。ちなみに、コア電圧の変更ができなかったり、下げる方向へ変更できないマザーボードは結構あります。私が使っているGA-G33M-S2Hは可能でした。
 電圧ダウンと、Q9400のTDPがもともと95Wもない“らしい”ことと合わせると、あまり消費電力は増えていない“はず”です。ワットチェッカーを持っていないので測定できず、推測するしかありませんが。

 クーラーは、写真のとおりQ9400の方(右)が小型化されています。代わりにファンの回転数が速くなっていますが、マザーボードの回転数制御機能で押さえられているうちはあまり音は気になりません。そのうち交換したくなるかもしれませんが。

 肝心の性能は、CrystalMark 2004R3の結果で以下のようになりました。
 (ただし、モニターも交換しているので、グラフィックス性能は単純に比較できません)

Core 2 Duo E6400

CrystalMark: 79738
[ ALU ] 19001
[ FPU ]  23054
[ MEM ] 12568
[ HDD ] 8055
[ GDI ] 5812
[ D2D ] 1410
[ OGL ] 9838

Core 2 Quad Q9400

CrystalMark: 152750
[ ALU ] 48954
[ FPU ]  54292
[ MEM ] 20653
[ HDD ] 12082
[ GDI ] 5859
[ D2D ] 1419
[ OGL ] 9491

 ちなみに、交換の際Windowsの再インストールは不要でした。ただし再アクティべーションは必要でした。

|

« Cherry赤軸のキーボードを買いました(超短評) | トップページ | CDプレーヤーの修理 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/184473/44746804

この記事へのトラックバック一覧です: クアッドコア・Q9400に換装:

« Cherry赤軸のキーボードを買いました(超短評) | トップページ | CDプレーヤーの修理 »