« 今年はやめ | トップページ | 【更新情報】壁紙2枚 »

2009年4月 3日 (金)

コンピュータ関連ニュースより

「一太郎」や「ATOK」で有名なあのジャストシステムがキーエンスの傘下に、経営立て直しへ(Gigazine)

業務提携内容としては、取締役3名及び監査役1名がキーエンスからジャストシステムに派遣され、以下のような感じになります。

その1:ジャストシステムのソフトウェアビジネス伸長のため、キーエンスのビジネスモデル・ビジネスノウハウの導入

その2:キーエンスが持つ市場情報をベースにして、ジャストシステムのソフトウェア技術を付加した新商品の開発・販売

 提携でいい方に向かってくれるといいのですが、ATOK for Macの開発終了なんてのは勘弁してくださいね。

 

米SGIが破産申請、Rackable Systemsが2500万ドルで買収(Internet Watch)

 SGIと言っても宗教団体ではなく、アメリカのワークステーションメーカー、Silicon Graphicsのことです。MIPSのCPUやIRIXというUNIXなど、独自のハードウェア/ソフトウェアを用いた、CGに強いワークステーションのメーカーとして一世を風靡しましたが、次第にPCアーキテクチャ/WindowsやLinuxを採用した他のメーカーの製品に対するアドバンテージを失っていき、ついに破産してしまいました。
 なお、一時スパコンメーカーのCray Researchを傘下におさめていましたが、2000年に売却していたとのことです。

 これを書こうとしてWikipediaを調べたのですが、2006年にも破産申請していたみたいです。独自アーキテクチャの製品が生き残るのは難しいですね。

|

« 今年はやめ | トップページ | 【更新情報】壁紙2枚 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/184473/44556209

この記事へのトラックバック一覧です: コンピュータ関連ニュースより:

« 今年はやめ | トップページ | 【更新情報】壁紙2枚 »