« がんばれイチロウ | トップページ | 今年はやめ »

2009年3月21日 (土)

Realforce87U

東プレ、数量限定逆輸入モデル「Realforce87U 英語黒」「Realforce87U 英語白」(エルミタージュ秋葉原)

 ダイヤテックが、オンライン限定販売として東プレのRealforce87U 英語版を逆輸入し、販売するそうです。

 同じく英語(US)配列でテンキーレスのRealforce86Uというモデルが既発ですが、次のような違いがあります。

  1. 最下段の右側にもWindowsキーがある(このためキー総数が1個増えている)
  2. NumLockキーを設け、フルキー部をテンキーとして使うこともできる
  3. CapsLockキーなどにLEDインジケータを設けている
  4. EscやWASDキーに色違いの交換用キートップが付属している
  5. 白だけでなく黒モデルもある

 このうち私の使い方に関係があるのが1.と2.です。

 1.のWindowsキーをWindowsで使うことはあまりありませんが、Macでは、このキーはCommandキーとして使われます。MacのCommandキーは使用頻度が高いので、ここにも存在するのは便利です。

 2.は、テンキーレスのキーボードでは時折見かける仕様です。ただ、私が自宅用のキーボードでテンキーがほしくなるケースはほとんどありません。
 それよりも、NumLockキーがScrollLockキーの位置にあるのが問題です。たぶんScrollLockはShift + NumLockあたりの組み合わせで押せるのだと思いますが、私のPC切替器は、ScrollLockキーがPCの切り替え操作を開始するキーとして使われています。このため、その操作が若干面倒になりそうです。

 英語版テンキーレスのRealforceはいまだに購入検討中で、そんな中に選択肢が一つ増えることになりました。しかしそれは一長一短があり、どちらを選ぶべきか悩ましいところです。(と言っている間に販売終了になりそう)

(2010/03/06追記)
 SE1800という型番の、ALL55g仕様のモデルを購入した

|

« がんばれイチロウ | トップページ | 今年はやめ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/184473/44422302

この記事へのトラックバック一覧です: Realforce87U:

« がんばれイチロウ | トップページ | 今年はやめ »