« Blu-rayドライブとソフトを購入 | トップページ | CherryがZFに買収された »

2009年2月18日 (水)

PowerProducer5についてのメモ

 Blu-rayドライブにバンドルされているCyberLinkのソフトをいろいろ試しています。

 PowerProducerはBlu-ray/DVDオーサリングソフトです。しかし私は思うとおりにメニューを構成することができず、サポートに問い合わせるなどして、ようやく方法をある程度理解しました。
 以下は、2本の動画をオーサリングした場合の、「タイトル再生後の動作」の設定とその動作です。

  • 【メニューからすべてのタイトルを順番に再生する】
    メニュー(トップ)→タイトル1→タイトル2→メニュー(トップ)
  • 【最初のタイトルからすべてのタイトルを順番に再生する】
    タイトル1→タイトル2→メニュー(トップ)
  • 【タイトルを再生】
    メニュー(トップ)→タイトル1→メニュー(タイトル選択)
  • 【メニューなしで連続で再生】
    タイトル1→タイトル2→タイトル1→タイトル2→...

 なお、PowerProducerではメニューテンプレートの作成ができず、さらに、このバンドル版では、元々用意されているテンプレートが少ないという問題があります。
 前者は、同じくバンドルされているPowerDirectorで可能(ただし、編集のやり方のわからない項目があります。さらなる研究が必要です)で、後者はCyberLinkのサイトから他のテンプレートをダウンロードできます。

 それから、動画によっては再生が途中で止まったり、カット編集がうまくできないものがあります。その場合は、PowerDirectorを使ったり、それでもだめな場合は他のツールも使って形式変換や再エンコード、カットなどをすれば何とかなりますが、何も工夫しなくても確実にディスクに書き出せるというところにまでは達していないようです。

|

« Blu-rayドライブとソフトを購入 | トップページ | CherryがZFに買収された »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/184473/44104576

この記事へのトラックバック一覧です: PowerProducer5についてのメモ:

« Blu-rayドライブとソフトを購入 | トップページ | CherryがZFに買収された »