« LightWay TextからiText Proへ移行 | トップページ | CDにスポンジが貼りつく »

2008年11月26日 (水)

Windows 7で変わるフォントのアンチエイリアス、他

ついにGDIがレガシーサポートになるWindows 7(PC Watch/元麻布春男の週刊PCホットライン)

DirectWriteでは、従来のClearType技術に加え、Y軸方向のアンチエイリアスがサポートされ、フォント表示がさらに改善される見込みだ。

 Windows 7では「Direct2D」「DirectWrite」という新しいAPIが追加になります。このうちDirectWriteがGDI・GDI+に代わってテキスト表示を行うもので、その新機能に「Y軸方向のアンチエイリアス」があるそうです。

 以前、MacとWindowsのアンチエイリアスについて比較し、Macの方が自分にとって好ましいという結論を出しました。フォントレンダリングはほとんどのアプリケーションがOSに依存しており、それゆえそのOS環境のビジュアルに大きな影響を与えます。私が(ノートパソコンだけですが)Macを選んだのはこれが大きな要因でした。
 新しいアンチエイリアスは従来のアプリケーションにも適用されるのか、フォントに小サイズ用のビットマップデータが含まれていたらそちらを優先させるのか、日本語の文字には適用されないなどということはないか、など不明点もありますが、これでWindows 7に対する期待が一気に高まりました。
(あとは、日本語フォントの種類や質がMac OS並になってくれると言うことがないです)

 

「失敗作」から学んできたApple社の歴史:画像ギャラリー(WIRED VISION)

 Apple製品には多数の成功作と共に多数の失敗作があります。この記事はハードウェア製品しか取り上げていませんが、Coplandをはじめとしてソフトウェアにも失敗は多数あります。

 しかしAppleが今も生き残っているのは、まさに「『失敗作』から学んできた」からです。たとえばLisaにはMacintoshが、Newtonには(時間は空きましたが)iPhoneが、CoplandにはOS Xが後継者となり、成功しました。

 たぶん今後も「見た目だけ」「アイデア倒れ」「値段が高すぎる」な製品は出てくることでしょう。しかし失敗を恐れず、失敗してもそれを次に生かすAppleの精神は見習いたいものです。

 

VMware Fusion、ダウンロード価格9,980円が6,780円になるキャンペーン(情報元: MACお宝鑑定団
マイクロソフト、Office 2008 for Macで半額キャッシュバック
(PC Watch)

 Mac用ソフトの大幅値下げキャンペーンが相次いで行われます。
 VMware Fusionの方はParallels Desktop for Macの新バージョンに対抗しての施策と思われます。(あと、先日行われたCrossOver Macの無償配布も意識?)MS Officeの方はわかりませんが、先日新バージョンがリリースされたOpenOffice.orgへの対抗かもしれません。
 いずれも値下げ幅が大きいのが興味深いです。もっとも、私はすでにVMware Fusionを所有しており、また、MS Officeの購入予定はないのですが。

 

(2009/10/24追記)
 「Windows7 フォント」で検索してこのページに来る人が多いようなので追記。
 DirectWriteは既存のアプリケーションのフォントレンダリング方法を変えるものではないらしい。実際にWindows 7でも、メニューなどがClearType+メイリオで表示されることはあっても、ウインドウ内に表示されているMSゴシックの文字の見栄えが変わるようなことはない。
 縦方向のアンチエイリアスは、その機能を使ってテキストを表示するアプリケーションが作られるのを待つしかないようだ。一太郎あたりがそれをやってくれると面白そうだけど。

|

« LightWay TextからiText Proへ移行 | トップページ | CDにスポンジが貼りつく »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/184473/43230459

この記事へのトラックバック一覧です: Windows 7で変わるフォントのアンチエイリアス、他:

« LightWay TextからiText Proへ移行 | トップページ | CDにスポンジが貼りつく »