« MacBookのモデルチェンジとWindows 7の名称 | トップページ | Cherry MXスイッチに「赤軸」登場 »

2008年11月11日 (火)

Adobe Creative Suite 4発表

 Adobe Creative Suite 4 日本語版が発表されました。発売は12月中旬になるそうです。

 私はMacromedia Studio MX2004を持っています。最近は使用頻度も少なくなっており、バージョンアップの必要性をあまり感じていません。しかし、Adobeのバージョンアップポリシーによると、今回が最後のバージョンアップの機会です。
 ということで、できる限り経済的なバージョンアップ方法を考えてみます。

 CS4の価格は、旧バージョン(CS3)と比較する限り、あまり変わっていないようです。ただ、「アップグレード版『B』」というバージョンには、「2009年6月30日までの発売記念価格」が設定されており、それで買うと旧バージョンより安く、それを過ぎると逆に高くなります。ですから、これを利用するのが一つの方法です。

 もう一つの買い方は、新バージョン発売直前の「無償アップグレード」が、次のバージョン(CS5)の前にもあると信じ、それを待つことです。無償アップグレードはアップグレード版パッケージも対象なので、次のバージョンアップのタイミングを一つ延ばすことができます。

 あるいは、代替可能なものは他のソフトを使うようにし、それができないものを単体でバージョンアップするという方法もあります。ただ、Macromedia Studioから単体製品にはバージョンアップできないので、実際には新規で買い直すことになります。となると、それはどのタイミングでも変わらないということになります。
 価格は、たとえばDreamweaver通常版はCS4 Web Standardアップグレード版とあまり変わらないので、最初の購入時にはお得感はありません。

 さてどうしたものか。来年6月末までに答えを出そうと思います。

|

« MacBookのモデルチェンジとWindows 7の名称 | トップページ | Cherry MXスイッチに「赤軸」登場 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/184473/43085163

この記事へのトラックバック一覧です: Adobe Creative Suite 4発表:

« MacBookのモデルチェンジとWindows 7の名称 | トップページ | Cherry MXスイッチに「赤軸」登場 »