« SoundEngine Free 3.10 | トップページ | ローマ字入力とカナ入力2008 »

2008年6月 3日 (火)

Webプログラミングの学習にVMware Player

Vmware_player PHP、PerlやRubyなどのWebプログラミングを学習するための環境を作るにはいくつかの手段があります。
 

  • パソコンにWebサーバ、PHPなどのアプリケーションをインストールする
  • サーバ(ハードウェア的にはパソコンでも可)を別に用意する
  • 仮想PCソフトを使う

 この中では3番目の「仮想PCソフトを使う」方法が最もお手軽です。

 Windows用のフリーの仮想PC用ソフトは、VMware PlayerVirtual PCがあります。(他にVirtualBoxというものもあります)
 ここではVMware Playerを取り上げます。

 VMware Playerでは新規に仮想マシンを作ることができないので、以下の方法で作成することになります。

  • Virtual Appliance Marketplaceから適当な仮想アプライアンス(構築済み仮想マシン)をダウンロードする
  • VMware Fusion(Mac用)など、仮想マシンの新規作成が可能な製品で作成し、ファイルをコピーする
  • 既存の仮想マシンを器として用い、上書きでOSをインストールする

 3番目の方法については以下に紹介するサイトをご覧ください。

VMware Player に Fedora7 をゲストOSとしてインストール。VMware Tools (VMwareTools)のインストール(先輩の手順書)

 このサイトにはLinux、Fedora関係の初心者向け情報が多数記載されており、私があらためて書くことはあまり残っていないようです。つけ加えるならば、この2点でしょうか。

  • 仮想マシンとのやり取りはコピー&ペーストではなく、SSHクライアント、SFTPクライアントやWebブラウザを経由して行うことをおすすめします。
  • 仮想マシンのIPアドレスを固定した方が便利です。ブリッジモードでは(一般的な家庭の場合)ブロードバンドルータの設定を、NATモードではVMware Playerのプログラムのフォルダにある「vmnetcfg.exe」をにらみながら設定を変更します。

|

« SoundEngine Free 3.10 | トップページ | ローマ字入力とカナ入力2008 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/184473/41412431

この記事へのトラックバック一覧です: Webプログラミングの学習にVMware Player:

« SoundEngine Free 3.10 | トップページ | ローマ字入力とカナ入力2008 »