« Webプログラミングの学習にVMware Player | トップページ | 地デジボード、GV-MVP/HSを暫定導入 »

2008年6月 4日 (水)

ローマ字入力とカナ入力2008

 今から1年近く前、ローマ字入力とカナ入力のどちらが速いのかを検証してみました
 測定結果は、カナ入力が8分32秒、ローマ字入力が6分23秒でした。(測定方法は上のリンク先を参照してください)
 この時はまだカナ入力の習熟が充分でなかったと判断し、しばらく訓練してから測定し直すことにしました。

 そして本日、再測定を行いました。測定方法は前回とほぼ同じですが、OSがLeopardに代わっています。また、タイムは数回繰り返した最速のものを採用しました。
 結果は、カナ入力が6分35秒、ローマ字入力が5分43秒でした。差は縮まったものの、またしてもカナ入力よりローマ字入力の方が速いということになりました。

 そうなった理由を考えてみます。

  • タイプミスによる打ち直し: 今回はそれほど差はなかったと思う。
  • 打鍵前の迷い: 配列の記憶が不確かなことが原因。カナ入力の方が、その文字がどこにあるのかを考えてからタイプすることが多かった。また、キーボードを見ることで、元のテキストから視線がそれる回数が増えた。
  • 掌の移動: ローマ字入力では掌はほとんど動かないが、カナ入力時は動く。また、動いた後、ホームポジションへ戻ることを意識する必要があった。
  • 打鍵数: ローマ字入力ではカナ1文字で平均して2文字をタイプすることになるが、そのタイピングは一連の動作として行っているので、カナ入力の2倍時間がかかるということはない。一方、カナ入力ではShiftキーを併用したり、英数記号文字の入力でモード切替や後変換が必要になるなど、打鍵数の増える要因がいくつかある。

 とはいえ、カナ入力ばかりやってきたせいでローマ字入力がやや不慣れになってしまい、頭の中で日本語をローマ字に分解することを意識するようになってしまいました。自分にとってはローマ字入力はあまり快適ではありません。今後も、多少遅いのは承知した上で、さらなる習熟を願いつつ、カナ入力を使いたいと思います。

 ちなみに、上記の結果はCherry G80-3000の改造品によるものです。MacBook Airのキーボードでは、カナ入力、ローマ字入力ともに20秒程度遅いという結果になりました。Cherryにはキートップ前面にカナ文字のラベルを貼っていますが、MacBook Airには貼っていません。両方式で入力速度の遅れが同じ程度ということは、カナの配列自体は(不確かながらも)覚えているということなのでしょう。

|

« Webプログラミングの学習にVMware Player | トップページ | 地デジボード、GV-MVP/HSを暫定導入 »

コメント

初めて御意を得ます。


本日ローマ字のことで檢索して貴ブログを知りました。面白いことをなさっておいでと存じます。


擴張ヘボン式なる翻字式ローマ字を提唱してをります。これで轉寫してみると歴史的假名遣の方が讀みやすい。それで自分でも表記を切替へるに到った者です。


歴史的假名遣の方が表音的にも合理的であった、つまり戰後の國語行政の前提が間違ってゐたと解ってみるといろいろのことが見えて參ります。そのあたりのことをいろいろ發言してをりますが、もともとは入力方式の效率化が目的でした。


假名遣の問題は戰前において既に點字の方式に行れてゐて、拗音が増えたことは入力の負擔を増やしたと思ってをります。


是非お見知りおき下さい。


ローマ字相談室のローマ字資料室(ヘボン式系統)に説明があります。英語のものが一番新しい。


實例は眞道重明といふ方のサイト
http(colon)(double slash)home.att.ne.jp/grape/shindo/index.htm
の閑人妄語(三)の懷かしい唄、(四)の其の二にあります。

同じ眞道さんのサイトの水産雜記(三)にある「濫獲」か「亂獲」か? に寄稿したものが小生の主張です。


併せて御高覽の程お願ひ申しあげる次第です。

投稿: kmns | 2008年12月19日 (金) 10:16

>kmnsさん

 「擴張ヘボン式」でGoogle検索を行うと、kmnsさんはあちこちのBlogや掲示板でご自説の宣伝をなさっているようですね。
 著書もお持ちでいらっしゃる方のようですし、この際、ご自身でWebサイト(Blog)を開設して、「擴張ヘボン式」「歴史的假名遣」がいかに有用であるかを実例をもって世に問うてみてはいかがでしょうか。

投稿: sskicr | 2008年12月19日 (金) 19:01

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/184473/41424322

この記事へのトラックバック一覧です: ローマ字入力とカナ入力2008:

« Webプログラミングの学習にVMware Player | トップページ | 地デジボード、GV-MVP/HSを暫定導入 »