« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »

2007年12月26日 (水)

【知人の皆様へ】今年は年賀状を書きません

 毎年年賀状をやり取りしている皆様へ。

 家庭の事情により、2008年の年賀状は書かないことにしました。喪中でもなく、ぎりぎりまで迷っていましたが、無理でした。この時期、この場所での告知になって申し訳ありません。

 いただいた年賀状には、寒中見舞いとしてお返事できると思います。
 今後とも変わらぬご交誼をよろしくお願いいたします。

|

2007年12月 4日 (火)

昔の拡張カード

 戸棚の中から、昔使っていた拡張カードを発見しました。

Old_cards1  1枚目はUltraSCSIインタフェースカード、Tekram DC-390Uです。
 今ではサーバくらいにしか残っていない(さすがにサーバでもUltraSCSIはないか)SCSIは、かつてはIDEやシリアルインタフェースに比べて高速、高信頼性、高汎用性かつちょっと高級なインタフェースとして使われていました。
 SCSIインタフェースの代表メーカといえばAdaptecですが、価格が高めで手を出しにくかったので、マイナーブランドのTekram(逆さに読むとmarketというのは趣味が悪いと思いました)を選びました。

 これを箱やマニュアル等一式で丁寧に保存していたのは、いつか古い周辺機器を手に入れたときインタフェースがなくて使えないといやだな、と思ったのが理由でした。もっとも、戸棚にしまってから数年が過ぎ、今ではSCSIの周辺機器でわざわざ使いたくなるような物は出会えそうになくなってしまいました。

Old_cards2  次はPCI接続のビデオカード、Diamond ViperV330です。
 チップはNVIDIA Riva128で、比較的低価格ながら3Dが高速ということでヒットした、今のNVIDIAの礎となった製品です。

 これは非常に思い出の多いカードです。いくつか挙げると

・初めて買ったバルクのカード
・添付CD-ROMのドライバでは動かず、真っ青になりながらセーフモードでドライバをダウンロードした
・画面の色が、それまで使っていたS3 Trio64V+のカードに比べて見違えるほど鮮やかになった
・チップがさわれないほど熱くなるのが気になってヒートシンクを貼り付けてみた。元々動作に問題が出るようなことはなかったので、効果は不明
・使わなくなった後知人に譲った。その後知人も買い替えて、私の元に戻ってきた

 これは万一の時のチェック用に使おうと、まだ手元に置いておく予定です。ちなみにAGPのビデオカードはもう持っていません。

Old_cards3  3枚目はMacのNuBus用ビデオカードです。Radiusの...型番を忘れました。

 Windowsのビデオカードと違い、ドライバがなくても一応すべての解像度・色を表示できましたが、ドライバ(機能拡張)を入れるとさらに速くなったということを覚えています。
 今懐かしく思い出すのはこれよりもこれを入れていたCentris650の方で、またどこかで出会えないかなと思っています。といっても、筐体がでかいので手元にあると置き場所に困るのですが。

 現在手元にあるNuBusのMacはQuadra700だけで、これにはオンボードのビデオがあり、ビデオカードは必要ありません。このカードは、今後の再会を期して、いましばらく棚の中で眠っていてもらおうと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月 2日 (日)

ポイントカードからの解放

Pointcard 2年以上前、ある書店のポイントカードを作成しました。

 その書店は家からやや遠い(車でないと行けない)ものの、CDなども扱っており、店の雰囲気も嫌いではありませんでした。どうせ本は定価で買う物だし、それが1%でもポイントが付くのは悪くはないだろうと、店員のすすめに乗って、入会金100円を支払って入会しました。

 しかし、これは思ったより負担でした。

 実際のところ私が本を買うのは、通勤途中や他の買い物のついでに書店に寄り、欲しい本があったら買うというパターンが多く、店頭にないかもしれないと思ったらamazon他の通販サイトを利用しています。それなのにわざわざ車でその店まで行くのは気構えが必要で、さらに目当ての本がなかった時には、大きな徒労でした。それは1%程度のポイント還元率では見合わないと感じました。
 さらにやっかいなことに、ポイントの使用は景品への交換(100ポイント~)または店専用の商品券(500ポイント)に限られていて、少額のポイントをその場の値引きに使うことはできません。
 といって、この店に行くのをやめ、せっかく今まで貯めたポイントをなかったことにするというのももったいなくてできませんでした。

 そうして束縛を感じながら2年が過ぎて、昨日ようやくポイントを景品に換え、元を取ることができました。今後もこの店に行くことはあるでしょうが、今までのように強迫的に「行かなくては」と感じることはなく、もう少し自由につきあえる気分です。

 (こうやって書いてみると、我ながらせこい話だなと思いました。しかし、わざわざこの店に行くことに深刻な時間的・経済的・機会的損失があるわけではないからこそ、2年以上引っ張ってきたのだと思います)

Pointcard2(2007/12/03追記)
 コメントしたついでに、期限切れポイントカードの記念写真。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »