« DVI接続のKVMに関する小メモ | トップページ | 最近のキーボード情報 »

2007年7月 1日 (日)

ローマ字入力とカナ入力

Kana_layout  パソコンの日本語入力では、私は基本的にローマ字入力を使っていました。その一方で、カナ入力にも関心があり、数年前にもそれを試したことがあります。
 カナ入力には、ローマ字入力と比較して次のような長所があります。

  • カナの1文字は基本的に日本語の1音節と対応しているので、より日本語として自然な文章が書ける...かもしれない。(実際には、頭の中のイメージと書き出す文章の間には幾段階もフィルタがあるので、入力方式が決定的なファクタになることはない...かもしれない)
  • ローマ字入力では基本的に2キーで1文字になるのに対し、カナ入力では基本的に1キーで1文字なので、キーストロークの数が減る。

 逆に、カナ入力の短所は次のようなものがあります。

  • アルファベットはキーボードの3段にすべて収納されていて、最上段や右の方には代わりに数字や記号が配置されているのに対し、カナは最上段、右端まで使われているので、入力時の指の動きが大きくなる。
  • 英記号や数字はアルファベットとは別のキーに配置されているが、カナとは重なってしまうので、それらを入力するときはタイプ前のモード切り替え、またはタイプ後の変換が必要になる。
  • アルファベットと違い、カナは、JISキーボードと英語キーボードとで配列が異なっている。US英語キーボードの場合、さらにMacとWindowsの間でも配列が異なっている(写真参照)。

 この1年あまり、また「日本語のタイピングにはカナ入力の方が向いているのではないか?」と思うようになり、それを検証していました。具体的には、手持ちのパソコンのうち1台(Mac)のIMEをカナ入力モードにして使っていました。BlogやホームページはMacで初稿を書き、 Windows機に送って仕上げる、ということをしていました。家でタイピングするうちの3~4割がカナ入力だったように思います。
 それで、そろそろ比較をしてもいいかなと思い、入力速度を計ってみることにしました。ちなみに私の今のタイピング能力は、アルファベットはほぼ完全にブラインドタイプができますが、日本語はキーの表記を見ないとうまく打てません。
 検証条件は次の通りです。

  • OS: MacOS X 10.3
  • IME: ATOK 2006 for Mac
  • 文章: 村上春樹「海辺のカフカ」文庫版、上巻15ページ(「ロレックスを机の引き出しに戻す。」~「どこに行った記憶もない。でもな」)
  • 練習: それぞれ測定前に上記範囲を通してタイプした。これは指の慣らしだけではなく、IMEの学習も目的としており、計測時には候補の選択は不要だった。

 結果は、カナ入力(1回目)が8分51秒、ローマ字入力が6分23秒、その後カナ入力をやり直すと8分32秒でした。
 普段から、カナ 入力では指の迷いや打ち間違えがより多いことは自覚していました。計ってみるとそれが明らかな差になってしまいました。また、ローマ字入力のときは紙面と 画面だけを見ればだいたい入力できますが、カナ入力では加えてキーボードも見ねばならず、速度を落とす原因になっていました。

 今回のまとめです。

  • まだ結論が出るほどカナ入力に慣れていなかったようだね。
  • ブラインドタイプって大事だね。
  • 言い訳すると、カナは文字が多いので覚えるのに時間がかかります。
  • 加えて言い訳すると、カナ入力の方が指の動く範囲が広いのでミスしやすいです。
  • 文章の質はこのやり方では比較できないよね。

 それでは、また来年お会いしましょ~(汗)

(関係ないけど、ネオテックはトップページの「以下・・・・・工事中・・・・・・・」をいい加減書き上げるべきだと思う)

(2008/06/04追記)
 再測定しました

|

« DVI接続のKVMに関する小メモ | トップページ | 最近のキーボード情報 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/184473/15467898

この記事へのトラックバック一覧です: ローマ字入力とカナ入力:

« DVI接続のKVMに関する小メモ | トップページ | 最近のキーボード情報 »