« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »

2007年6月24日 (日)

DVI接続のKVMに関する小メモ

 オーバーUXGA対応のDVI接続KVM(PC切替器)の製品リンク。一部英語サイト。

Rextron DAG12/DAG14
Gefen DVI KVM Switcher 2X1
Avocent SwitchView DVI
Uniclass USB-DM702A
Addlogix PowerReach DVI 2G

 特に高解像度対応をうたっていなくても、対応可能な場合があるようです。
【噂】 24インチワイド(WUXGA)でDVI切替器は使える? (TSUKUMO)

 私にとっての問題は、高解像度がほしい時とそうでもない時があることで、ベストバランスを今も模索中(より正確には、ぐるぐる考え中)です。あと、今買うならHDCP対応も考慮したいです。
 ちなみに現在は、これに19インチSXGAモニタをつないでいます。

(2007/07/23追記)
 このように入れ替えをしました。

(2008/08/10追記)
 コレガ CG-PC4UDAはHDCPに対応していたようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月16日 (土)

【更新情報】Quadra700をPCにする その3

Quadra700をPCにする その3

 ちょうど半年前に「完成しました」と書いた工作の製作記事をようやく書き上げました。半年の間にマシンに手を入れた箇所も少しありますが、公開までこれだけかかったのは、基本的には怠慢が原因です(笑)。
 タイトルは、これまでのシリーズの続きなら「Quadra700をAT互換機にする その2.5」が正しいかもしれません。あまり深く考えないでいただけると助かります。

 ちなみに今はFedora 7をメインOS、Windows 2000をサブとして、ファイルサーバ兼Webプログラミング勉強用に使っています。S3スリープがちゃんとできるなど、メイン機よりも良い点がいくつかあるので、CPUを交換してメイン機に格上げしようと思うことが時々あります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月12日 (火)

ストリップダウン

 今日は小ネタです。

 メイン機のHDDをこの前交換しました。それまで使っていたドライブは外さず、サブのディスクとしてVista RC1をインストールし、起動時に切り替えて使っていました。
 今回、5月末でVista RC1の使用期限が切れたので、そのドライブを撤去することにしました。
 理論上、不要なデバイスを取り外すことには次のような利点があります。もっとも、体感できたのは最後の項目だけです。

  • 電力消費が減る
  • 発熱が減る
  • エアフローが良くなる
  • 静音化する
  • システムの不安定要因が減る
  • ウイルスチェックソフトのスキャン時間が減る

 外したドライブは、さすがに大事なデータを入れる気はないので、何か実験をするときのために取っておくつもりです。
 それにしても、私のパソコンは、ケースは小さくなるわ、ビデオカードはグレードダウンするわと、意識してのダイエットではあるものの、少し寂しい気もします...。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »