« アナログ音楽メディアのコピー | トップページ | 実名主義? »

2007年3月11日 (日)

グレードアップ&ダウン&現状維持

 HDDとビデオカードを交換し、Windows XPを再インストールしました。

 HDDを交換した理由は3つあります。

  • メイン機のHDDの使用期間が3年を超え、今のところ問題はないものの、故障する前に交換したい。
  • 現在2台のHDDを使っているが、これを1台にまとめたい。
  • 新しい製品の方が速いんじゃないかな。

 ビデオカードを交換した理由は次の2つです。

  • ATIのビデオカードでは、SXGAのモニタにVGAの画面を映すような場合、縦長にゆがんでしまう。NVIDIAのドライバにはアスペクト比固定の機能があるので、それを回避できる。
  • ATIのビデオカード設定ツール「Catalyst Control Center」には.NET Frameworkが必要なので、マシンの起動に余分な時間がかかる。

 そして、Windowsを再インストールしたのは次の理由です。

  • 全体のディスク容量には余裕があるにもかかわらず、Cドライブの空き容量が少なくなって何かと使いづらいので、パーティションの切り直しをしたい。
  • フレッツ・光プレミアムのセキュリティ対策ツール(ウイルスバスターのOEM)をインストールしてから起動に時間がかかるようになった。原因はビデオカードのドライバ(CCC)にもあるが、ほかにも気づいていない問題があるかもしれない。
  • この際使わないアプリケーションを整理したい。
  • 最後にWindowsをクリーンインストールしてからどれだけ経ったのかおぼえていないが、それなりに「垢」がたまっているのではないか。

 HDDはHGST HDS721616PLA380を購入しました。160GB/バッファ8MB/1プラッタ/SATA2というスペックです。Seagate ST3160811ASと迷った結果、事業撤退を考えているというHGSTへの支援票として選択しました。
 最近HDT725032VLA360も買っており(そういえばQuadra700の記事をまだ書いていなかった(汗))、全体の動作音が静かで、シーク音は控えめ、発熱も少ないという好印象を持っていました。今回のモデルも、シーク音は若干大きいですがだいたい同じような印象で、Feature Toolで静音モードに設定する必要はないと感じました。

 ビデオカードはELSA GLADIAC FX 534。GeForce FX5200/128MB/128bit/ファンレス/AGPという製品の、付属品なしで売っていた中古品です。
 3Dグラフィック性能ははっきり言ってグレードダウンです。ただ、3D性能の必要なソフトは使わないし、Windows XPもOSとしてはそれを必要としていないので、問題ありません。
 以前某社の廉価なFX5200カードを使っており、それはSXGAのモニタにアナログで接続すると映像がぼけて使い物にならない代物でした。さすがにELSAの製品はそんなことはなく、このチップに対するイメージを見直しました(とはいえ結局DVI接続で使うのですが)。
 ただ、Vista用のドライバはリリースされているものの、すでに最新バージョンは非対応になっているので、Vistaあるいはその後継バージョンへのアップグレード時には交換すると思います。

 OSは、Vistaへのアップグレードをまだ行わないことにしたので、これまでと同じくXPです。
 セットアップは、基本的にはこれまでと同じ環境になるようにしました。その際、「マイ ドキュメント」フォルダを、デフォルトの場所からデータ用のパーティションに移しました。OSやアプリケーションから見た時の場所は変わらないです。
 アプリケーションはインストールされていたもののうち、使うものは全部同じように入れ、使わないものは入れないようにしました。

 丸1日かかってセットアップし、以下のような成果がありました。

  • 起動時間は、これまで最大2分30秒かかっていたものが、1分20秒になった。OS起動開始までの時間(主にマザーボード)が長めな中では健闘していると思う。
  • 3DMark05の結果は、2000台だったものが一気に200台まで落ちた。前述の通りこれは気にしない。
  • HDBENCHの結果は、HDDが大幅に速くなった。グラフィックは、BitBlt以外それほど遅くなっていない。CPUとメモリは変化なし。
  • HDDは、システムとデータの2パーティションに分けた。両方とも充分に容量の余裕がある。
  • 動画再生も含め、画質の劣化はない。
  • 使用感は、全体的に軽くなったように思うけれど、これは気のせいかもしれない。
  • 動作音は、やや静かになったような気がする。シーク音はそれほど気にならない。
  • Thundebirdはシステム間のデータ移行が楽。Firefoxも、移動でブックマークの並び順が壊れないので良い。ということを、今回発見した。

 これであと3年は使えるマシンになりました。
 現在、Vista RC1の試用のためもう1台HDDをつないでいます。もう少ししたらこれも外し、当初の計画通りHDD1台のマシンにしたいと思っています。

|

« アナログ音楽メディアのコピー | トップページ | 実名主義? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/184473/14232629

この記事へのトラックバック一覧です: グレードアップ&ダウン&現状維持:

« アナログ音楽メディアのコピー | トップページ | 実名主義? »