« AppleがCreativeに敗北? | トップページ | 自分用リンク »

2006年9月 6日 (水)

Core 2 Duo導入

 メインのパソコンのCPUを、Intelの最新モデル、Core 2 Duoに換装しました。

Core2duo  買ったのはクロック2.13GHzのE6400です。巷ではその1コ上のE6600が大人気ですが、冷静に考えて12,000円の価格差って大きいよな、ということでE6400に決定。
 

 対になるマザーボードは、

  • MicroATXにして、そのうち小さいケースに替えたいな
  • G965でDVI端子付きがいいけど、まだ出ていないな
  • DDR2-800メモリがもうちょっと安くなるといいな

と考えて、とりあえずつなぎのつもりでASRock 775i65Gに決定。名古屋のショップでは見つからなかったのでツクモの通販で買いました。

 この775i65Gというマザーボード、

  • 865Gチップセットを使用(オンボードグラフィックスはFSB 1,066MHz時は使用不可
  • メモリはDDR-SDRAM(FSB 1,066MHz時はDDR400/CL2.5限定)
  • AGPx8スロット、PCIeはなし
  • SATAは1.5Gbps、2ポート

という旧式な構成です。
 そもそも、FSB 1,066MHz時はチップセットが既にオーバークロック状態になっているという反則モデルなので、CPUのオーバークロックは期待できませんし、各機能のスペックも低いですが、周辺パーツを買い替えたくない場合は一つの選択肢になると思います。

 交換した感想ですが、付属のCPUクーラーは静かで、マザーボードのファンコントロール機能でさらに静か、ということがまずわかりました。肝心の速度は、ベンチの結果は何割か向上しましたが、実用時に体感できるかどうかはこれからです。

 ちなみにもうちょっと将来性のあるモデルがほしいならば、775Dual-VSTAがいいかも。詳しくはこちらの方のレポートをご参照あれ。

(追記)
 1個だけベンチの結果を掲載。Superπ 104万桁は、31秒です。

(2006/09/25追記)
 その後の経過。休止状態への移行時、HDDの回転停止後、全体の電源オフが行われないという問題が見つかりました。それ以外は異状はなく、安定して動いています。

|

« AppleがCreativeに敗北? | トップページ | 自分用リンク »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/184473/11787356

この記事へのトラックバック一覧です: Core 2 Duo導入:

« AppleがCreativeに敗北? | トップページ | 自分用リンク »