« プロバイダの移転でかかる手間 | トップページ | メールのフィルタリング »

2006年8月 9日 (水)

Mac Pro

 Mac Proが発表され、これでMacintoshはすべてIntelのCPUに移行しました。

 Mac ProはCPUにデュアルコアXeonを2個搭載、合わせてクアッドコアだそうです。
 PowerMac G4の頃には思わなかったのですが、G5で何となく感じ始めて、今回はっきりしたことは、「タワー型Macはワークステーションであり、パソコンではない」ということです。
 つまり、高度な作業をさせようとするのでない限り、例えばHDDが増設できるとかグラフィックカードが交換できるとかだけの理由で買うには上等すぎるということです。
(そもそも価格が30万円オーバーですし)

 まあ、思えば大抵の人は上に書いたような事はしないんですけど。

(18:00追記)

 PC Watchのこっちの記事でもCPUに着目しています。

元麻布春男の週刊PCホットライン「Macの次期モデルをCPUから考える」

 ただ、記事の結びは

それでも、Conroeベースで、拡張スロット1本とマスストレージベイ1つを持つモデルがあっても悪くないハズだ。

となっていますが、iMac以降のAppleの考え方を推測するにこういうモデルはないんじゃないかと私は思います。ほしいけど。

 ついでに予想。
 Mac miniは、Conroeを使って現行モデルより大きく、安くなるのではないかと思います。1回マイナーチェンジしたその次あたりで。
 iMacは、Meromで行くと予想。

|

« プロバイダの移転でかかる手間 | トップページ | メールのフィルタリング »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/184473/11346430

この記事へのトラックバック一覧です: Mac Pro:

« プロバイダの移転でかかる手間 | トップページ | メールのフィルタリング »